アレグラと様々なアレルギー反応

アレルギーとは自分以外の物質を異物と認識して、免疫機能が働くことによって、様々な症状を引き起こすことをいいます。ここでは様々なアレルギー症状について説明します。まずアレルギー反応として最も有名なのが皮膚の発疹です。これは皮膚の内部でヒスタミンが働くことによって起こります。この発疹はかゆみを伴う場合が多いです。
そして皮膚症状はまれに浮腫のような水ぶくれとなってしまうことがあります。これはヒスタミンの作用で血管が拡張し、水分が組織へと流出するために起こります。またアレルギー反応は皮膚症状だけではありません。鼻炎症状も引き起こします。鼻炎によって鼻漏、鼻閉、くしゃみといった症状が現れます。
さらに結膜炎症状も現れることがあります。結膜炎では目のかゆみ、充血、流涙と言った症状が現れます。これら鼻炎や結膜炎の症状に関してもヒスタミンが関与しています。
さらにアレルギー反応が重度のものとなると、血圧が低下したり、悪心嘔吐といった症状が現れたり、場合によっては意識を失ってしまうこともあります。
重度のものとなると、病院を受診し、昇圧剤やステロイドによる処置が必要となりますが、皮膚症状、鼻炎症状、結膜炎症状など軽微なものに関してはアレグラでも対処することができます。
アレグラは抗ヒスタミン剤に分類される抗アレルギー薬です。アレルギーの症状の原因となるのは前述の通り主にヒスタミンですが、アレグラはこのヒスタミンが作用点であるヒスタミン受容体に作用できなくすることでアレルギー症状を改善、予防する薬です。抗ヒスタミン剤は沢山の種類がありますが、アレグラは全く眠気が出ないことが特徴で、薬の服用で眠気を感じやすい人にとっては使いやすい薬となっています。

アレグラは気管支炎の方にも処方されます

気管支炎は喉に炎症を起こす呼吸器疾患のひとつで、急性と慢性型に分けられ、急性ではインフルエンザや風邪といった病原菌が原因とされ、激しい咳とともに腹部の筋肉痛、発熱、頭痛といった症状が併発します。
慢性では花粉やダニなどのハウスダスト、排気ガスやタバコの煙などが原因で起こるアレルギー性の炎症で、炎症を起こした患部が気道を圧迫して、呼吸困難などに陥ることもあります。
両者は原因や症状が異なり、呼吸器科で診察を受けてアレルギー性の気管支炎と診断されると、アレグラを処方されることもあります。アレルギー性気管支炎は、その他のアレルギー疾患と同様に、アレルゲンが体内に入るとヒスタミンなどの化学伝達物質を放出して、抗体抗原反応を示すことで炎症を起こします。
アレグラは一般医薬品で販売されるほど流通している薬で、花粉症の諸症状や、アレルギー性鼻炎、蕁麻疹、皮膚疾患などに用いられますが、抗ヒスタミン薬の分類のため、ヒスタミンによって起こるアレルギー性の症状に対して広く作用する薬です。
医療機関ではこの効果を利用して、様々なアレルゲンの対策に用いるようになっています。また、アレルギーによって引き起こされる皮膚の掻痒にも効果が期待できることから、かゆみの軽減を目的として処方されることもあります。
効能に書かれていないアレルギー性気管支炎、気管支喘息でも、炎症を鎮める効果があり、クシャミや鼻水などが併発している場合は、慢性の気管支炎と判断して処方されます。アレグラは抗ヒスタミン薬の中では効果が弱い部類に入りますが、同じく副作用も弱いために処方しやすいという点があります。ちなみに、病院の処方薬は、薬局で販売されているアレグラと同じ成分で、効果に違いはありません。

アレグラとアレロック、効果比較

アレグラとアレロックはともに、花粉症の薬として広く使用されているものです。いずれも、第二世代抗ヒスタミン薬に分類されます花粉などの刺激を受け取った肥満細胞という細胞から、ヒスタミンという物質が出ますが、これが、ヒスタミンH1受容体というところにくっつくと、くしゃみ・鼻水・鼻づまり・目のかゆみなどが生じます。抗ヒスタミン薬とは、ヒスタミンと受容体のくっつきをブロックするものです。第一世代抗ヒスタミン薬は、脳内のヒスタミンもブロックしていたため、眠気が強いことが難点でした。第二世代とは、この眠気に対して改善されています。
アレグラは、病院でも処方されますが、現在は市販薬としても手に入ります。アレルギー性鼻炎や蕁麻疹などの皮膚炎に効果があり、比較的即効性があることやのどが渇きにくいこと、花粉症薬の中で最も眠気が少ないことが特徴です。他の作用としては、炎症性のサイトカインの産生を抑制したり、ケミカルメディエーターと呼ばれる炎症などを引き起こす物質の遊離を抑制する効果があり、花粉所の予防薬として効果的です。
アレロックは、病院で処方してもらわなければなりません。アレルギー性鼻炎や蕁麻疹、多形滲出性紅斑などに効果がありますが、特に鼻づまりと蕁麻疹に効果が高いといわれています。抗ヒスタミン作用は一番高いといわれています。アレロックにもケミカルメディエーター有利抑制作用などhがあるので、花粉症の時期の前から服用して症状の発現を防ぐことができます。ところが、副作用として、強い眠気を感じる人の割合が高いことと、頻度は少ないものの重大な副作用として肝機能障害や黄疸がみられることがあります。
眠気がきたら困る人や病院に行けない場合はアレグラを、眠気がきてもしっかりと治療したい人はアレロックを使用してみてはいかがでしょうか。

ページトップへ